女性の副業体験談

女性の副業お探しならこのお仕事ドットコム【専門サイト】

BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

女性の副業お探しなら

副業,女性,主婦,在宅,転職,就職,高収入

女性の副業口コミサイトです。いまや副業サイトの市場は伸びており、以前は後ろめたい気持ちで始めていた副業もネット、スマートフォンの普及により莫大な伸びを見せています。

 

当サイトは副業体験談をまとめたサイトになります。
副業といえども片手間感覚や中には副業を本業として生活している女性・主婦も急増中です。

 

貴女に合った副業を探しませんか?

 

副業,女性,主婦,在宅

 

 

私の副業体験談

田舎の副業
普通、女性の副業というと、かっこいいイメージがありますが、私の住んでいる町の女性の多くが一度はやったことがある副業があります。

 

それは、特産物の大葉の結束、箱詰めというものです。
大葉10枚を輪ゴムで縛って、パックに詰めるという、とても根気がいります。根気がいるわりに単価が安いのが難点です。
若い主婦は、子供を保育園に入れる条件を得るためにやります。動機が動機なので、子供が保育園に入れれば、外での仕事を探し始めます。

 

中高年以上の人は、年金の足しにしようと頑張ります。そのため、長く続けます。
頑張っても、1万円〜2万円位にしかなりませんが、60代、70代の年齢になってもお金をもらえる仕事が出来ることはとても幸せなことです。

 

最近、私は、パートで戻ってきてから、在宅での大葉の仕事をもらうようになりました。フルタイムで働いた方が効率は良いですが、家族の都合で難しいです。

 

段々、慣れてきたら仕事も早くなってきて、1日2時間弱の作業で1万円強ですが、子供の小遣い位にはなります。
この大葉の箱詰めの仕事、皮膚さえ丈夫ならば、いつまでも出来るので今後も頑張ろうと思います。

 

副業のmaruhi体験

 

 就職って、色々と大変です。給料や勤務地など業種と、色々な条件で絞り込んでいくと、合わないことがほとんどですから。

 

働き始めても、問題が出てきて転職を考えることもあります。

 

でも、次のお仕事がすぐに決まることはありません。

 

だから、思いつくこと。それは、副業することだと思います。

 

最近では、家にいなくてもスマホを持っていればできる副業もありますし、家にいなければならない人の為にも、在宅の副業も多いと思います。勿論、高収入の副業は、魅力的です。

 

 

でも、副業を選ばれる人は、家でできるお仕事を探す方が多いと思います。高収入のお仕事は、お給料が高い分、身体的な労働か精神的な労働歌に分かれていると思います。

 

わたし自身、短期ではありますが高収入の副業をしたことがあります。女性のみの電話のお仕事に、アミューズメントのお仕事です。でも、身体的にも精神的にも、負担になるお仕事でした。

 

副業となるお仕事は、種類が多くある以上、合うものと合わないものはたくさんあると思います。

 

最初に考えていたことと違うものもありますから。

 

簡単にできると思っていれば、意外に難しいということも多いと思います。でも逆のこともありえます。

 

難しいからと避けていたけれど、実のところ思ったよりも簡単にできてしまうお仕事もあります。

 

たとえば、パソコンの在宅のお仕事とかがそうです。手続きは手間がかかるかもしれませんが、後は送られてきたお仕事をこなし、納期してしまえばお仕事完了になります。

 

人の性格はそれぞれ違うので、同じ考えでこなせることは少ないかもしれません。

 

それでも、決められたお仕事をこなすというならば、一貫性があってやりやすいです。パソコンに関する知識が少なくても、最近では本も多くありますし、ネット上に無料で知識が搭載されています。

 

わたし自身も、わからないことがあれば、すぐにパソコンで検索し、調べています。なので、パソコンやスマホを使ったお仕事は、1つ1つが値段が低いお仕事かもしれませんが、積み重ねていけば高収入になることは間違いないと思います。

 

中には高い金額のお仕事もありますし、数で勝負のお仕事も少なくありません。

 

でも、コツコツとこなしていけば、自分に合った在宅を見つけることが出来ると思います。

 

自分に合う副業を見つけることで、今まで知らなかった自分にできる仕事を見つけ出すことも不可能ではないと思います。その経験を活かし、転職することで安定した就職も夢じゃないかもしれません。

 

副業,女性,主婦,在宅

私が副業に選んだフロアレディーのアルバイトについて

 

女性の副業の中で、高収入を得ることができる副収入はナイトワークだと思います。
私はOLとして仕事をしてたのですが、地方から上京していて一人暮らしのため、OLの給料だけでは毎日生活していくのでいっぱいいっぱいでした。

 

 

そのため欲しい服やバックなども購入することができず、海外旅行などもなかなかいくことができなかったです。
同じように上京してきている一人ぐらいのOLの友人達は皆生活するのが大変そうでした。

 

そのため、大体の友人が仕事終わりや、土日などにちょっとバイトをして生活費を稼いでいたのです。

 

私が副業に選んだのが、銀座のクラブです。
フロアレディーのアルバイトで、週に2回か3回働くことにしました。
時給が高いので、それほど多くアルバイトする必要がなく、お昼のOLの仕事にも差し支えることはないのがいいなと思いました。
フロアレディーのアルバイトの仕事は、主にお客様の接客です。

 

銀座のクラブはママがいて、チーママがいてという組織体制になっていて、女の子の面倒は主にチーママが見ています。
私も入った当時はチーママに色々指導してもらいました。
仕事内容なお客様の飲み物を作ったり、灰皿を変えたり、たばこに火をつけたり、会話をしたりする仕事です。

 

ノルマなどはない店だったのですが、同伴すると1回につき5,000円もらうことができたので、頑張ろうと思う月はなるべく同伴するようにして、お金を稼いでいました。
OLの仕事では残業してもほとんどお給料が増えるということがなかったです。

 

それに比べクラブでのアルバイトは、自分の頑張り次第でお給料が増えるのが嬉しかったです。
また時にはお客様におこづかいや車代をもらう時があり、これも大切な収入になりました。
他にも自分では行くことが出来ないような店に連れていってもらうことができ、良い経験をさせてもらうことができました。

 

クラブで働いている女性達の中には同じようにOLの女性も多く、皆同じような境遇なのでとても仲が良くなりました。
お店が終わったあとには、お客様と女性達と飲みに行ったり遊びに行ったりし、職場環境もとても良好でした。
時々は朝まで付き合いになることもあり、眠気でふらふらしながらOLの仕事に行っ多時もありますが、決して休むということはなかったです。

 

日中の仕事を休んでは意味がないので頑張っていました。
副業のおかげで生活はとても楽になり、旅行に行けるようになったり、貯金もできるようになりました。

 

 

副業,女性,主婦,在宅

 

副業の記事作成のメリットとデメリット

 

副業として記事作成の仕事を始めてから約8年になります。
最初の1〜2年は本業の片手間にしていましたが、現在は記事作成が本業に変わりました。
就職難のなか、外で働くことをずっと考えていて、何度か面接にも行って働きましたが、やはりこの仕事の方が向いているようです。
というのも、履歴書に在宅ワークと記載すると「どういう仕事内容ですか?」と聞かれることが多く説明しづらい部分が多いので、まだノマドワークが世の中に理解されていないと感じるのです。

 

理解されていないのは仕方ないですが、私にとって副業をすることは、仕事を効率的に進める大切な事柄だと思います。
記事作成をしていると、知らないテーマで多くのことを知るきっかけになりますし、ときには調べながら記事を書いて、知識を深めることに繋がります。

 

続けていると、本業が何であっても「あ!これは前に記事にしたことがある」という感じで、把握しやすくなることもあるのです。

 

メリットしては、知識を深められること、地道にひとりでコツコツと仕事をする大変さを知ること。
頑張れば家計を少しでも補えることです。

 

外で働くよりは報酬が少なくなりますが、対人関係が苦手な人や、子供や老人の面倒をみなくてはいけない人などが、何か仕事がしたいと思ったときに、在宅ワークがあることで、助かっているのではないかと感じています。
私自身、体力がなくて対人関係が苦手なので、在宅の仕事のほうが向いています。

 

私事ですが、記事作成の仕事をしているうちに、自分の文章能力が目覚めたような気がします。
最初こそ、ネットでできる在宅のお小遣い稼ぎというイメージをもっていました。
ですが現在では、外注を受けるほどのスキルを積むことができて、自分の仕事に自信をもつまでになりました。
そういう方もいらっしゃると思うので、ぜひ在宅ワークのサイトを選び、積極的に仕事をこなしてほしいと考えています。

 

ただ、デメリットとしては、報酬が少ないこと、スキルアップするのに時間がかかること、外注を受けると納期までのプレッシャーが大きいこと、家事の片手間ではなく、その逆になって生活スタイルが変わることです。
主婦として本来しておくべき家事が、副業が成功すると同時に、副業の片手間に家事をする、というスタイルに変化しやすいということです。

 

出来高制の在宅の仕事というのは熱心になり過ぎるので、自分で仕事量をセーブしながら、家族の理解を得てから行うことが前提になります。
ですが、在宅ワークのメリットは、他の人が予想しているよりもずっと大きいので、迷っている人がいるなら、ぜひ挑戦してほしいと思います。

 

副業,女性,主婦,在宅

私の在宅副業体験
在宅副業体験を聞いてください。現在バブルが崩壊して以降日本の経済は不景気ですね。新卒の就職率も下がる一方だし、一時期は派遣切りも問題になりました。

 

私も現在は派遣で働いています。派遣の仕事は本当に不安定です。半年、一年など働ける期間が決まってる時はいいんですが、それ以降は次の仕事があるんだろうか、私はクビになってしまうかもしれない、そんな不安と日々戦っています。

 

そんな不安を少しでも軽減するために私は副業を始めました。でも、仕事終わってコンビニでアルバイトっていうのはしんどいしなあと思ってた時、ネットを使い在宅でできるアルバイトの存在を知りました。

 

私がやっているアルバイトはアフィリエイトです。アフィリエイトとは自分のホームページやブログに広告を貼り、閲覧者がその広告をクリックすると広告主からお金をいただけるという仕組みです。まずはいくつかのアフィリエイトプロバイダーに登録をしました。そこから自分のホームページやブログの内容とマッチしている広告を探します。

 

幸い私は2003年あたりからホームページを作っていました。2004年あたりからブログが流行になりましたが、その時からブログも書いていました。ある程度のアクセスをすでに持っていたので、アフィリエイトは効果がありました。ブログでご飯を食べれるというレベルではありませんでしが、お小遣いの足しにはなったと思います。

 

また私は他の在宅副業もやっています。私が掛け持ちしている副業はストックフォト。このサイトでは自分の写真を売ることができます。まずは会員登録をし、簡単なテストを受けます。テストはストックフォトの禁止事項を理解しているか、とか写真の基礎知識があるか、とかそういった内容です。合格できれば写真をアップロードすることができます。アップロードした写真が審査を通過すれば晴れて販売できるといった流れです。

 

ストックフォトは商用利用の写真が主です。自分の好きな写真を闇雲に載せても売れないのでなかなか難しいですが、私は写真を趣味にしていて今までたくさんの写真を撮ってきました。1枚でも2枚でも売れた時はとても嬉しいですね。写真が好きな方にはおすすめの副業だと思います。

 

あとはポイントサイトにも登録しています。ポイントをためて現金と交換できるというサイトですね。送られてくるメールに記載の広告にアクセスして1円、サイト上のサービスを利用して1円などこつこつを貯めています。

 

これらの副業は本業を持っている方のみならず専業主婦の方にもおすすめです。元出なしで気軽に始めることができるのでチェックしてみてくださいね。

 

.

副業,女性,主婦,在宅


宛名書き内職

 

幼児を抱えて、女性が外で働くことはなかなか困難なことです。
特に、都会での核家族だと、保育園にうまく入れたとしても絶対に夫の助けが必要になります。
夫の助けなしで、妻が外で働くとなると、朝目が覚めて職場に行くまでにいったいどれくらいの作業があるでしょうか。
朝食作り、洗濯、掃除、子供の着替えや食事や身支度の世話、夫の送り出し、ゴミ捨て、自分の身支度、ざっと並べてみてもこれだけあります。

 

その上、保育園まで連れて行かねばなりません。雨や雪など、天気の悪い日はまた大変なことでしょう。
仕事が終わったあとも大変です。

 

子供を迎えに行き、夕食の準備、洗濯物の取り込み、お風呂の支度、子供の入浴、食事の世話、寝かしつけ、夫の食事の準備、後片付け、自分がお風呂に入るころには疲労困憊していることでしょう。
私は、寿退社をしましたので結婚後は正社員として働いたことがありません。

 

そんな中、子供と向き合って毎日を過ごすうちに何かをしてみたいという気持ちが湧いてきました。
しかし、上のようなことを考え、自分には到底無理だと思い至ったので自宅でできる内職をしてみようと思いました。
正社員の人も副業として手軽に行ってますよと紹介されたのが、宛名書きの仕事でした。
区役所の紹介だったので、安心してその会社へ子供を連れて説明を聞きに行ってみました。

 

履歴書を提出して、簡単な面接を受け、その日のうちに仕事をもらって帰りました。
最初だからこれぐらいを1週間で仕上げてくださいと言われ、200枚分の仕事を渡されました。
はがきの宛名書きということでしたので、官製はがきを想像しておりましたが、往復はがきでした。
一枚につき、たしか2円ぐらいだったと思います。

 

往復はがきですので、宛名は2箇所書くところがありました。それに、宛名だけではなく、3行ほどの文章も書かなければならなく、更に郵便番号も自力で調べて書くという、話しが違うじゃないですかと突っ込みたい仕事の内容でした。
それでも、なんだか社会に出て働いている充実感により、がむしゃらに仕上げました。
1週間でと頼まれた仕事は、3日で出来上がりました。

 

会社へ仕上がったことの連絡をし、その日のうちにまた子供を連れて納品に行きました。
担当者は驚いてくださり、今度は600枚の仕事を渡してくれました。

 

それをまた頑張って4日で仕上げたのですが、それこそ昼も夜も暇さえあればではなくて暇なく書き続けてやりきったのです。
子供はというと、構ってもらえない寂しさから私にぴったりくっつき、しまいには「もう書かないで」と言う始末。
私も自分がうまくペース配分できないことが充分わかり、納品時に丁寧にお断りをしてジ・エンドとなったのでありました。

 

副業,女性,主婦,在宅

副業について
女性の副業について。私氏の周りで副業している方はいませんが、家庭の事情で2か月ほど副業していた時期がありました。
掛け持ちは大変でしたが、副業のおかげでその月の収入もプラスになり大変助かりました。
実家の手伝いなどで副業している方もいると思いますが、臨時の出費や収入減のために仕方なく副業することが多いと思います。
体力があればメインの仕事との掛け持ちを考えますが、家のことや家族のことを考えると続けるにも色々と問題が出てきます。
子供たちも大きくなり手がかからないので、この先機会があればまた副業を考えたいですが今のところメインだけで頑張っていきたいです。

 

メインの仕事は時間給で、なかなか時給が上がらず周りの人は転職を考えているようです。
私も時々考えますが、年齢だけでなく働きやすさなど今の職場よりも良い条件のところは見つからない気がするからです。
時給だけをみれば高いかもしれませんが、勤務時間や休みなど契約通りにとれる職場は多くないと思います。
今の職場で続けてこられたのも、子供の体調不良などで急な休みを取ることになっても周りのサポートがきちんとしているからです。
簡単に転職をして後悔しても遅いので、転職先の条件などきちんと見極めてから考えた方が良いと思います。
副業しなければ安い収入ですが、労働条件など安定しているので定年まで働きたいです。
副業先にもよりますが、頭を使わず体力だけなら続けられる気がします。
ただ年齢と体力を考えるとちょっと難しいです。
在宅での仕事でもっと収入を得られれば良いのですが、それもなかなか難しいです。
子供が小さかった頃に、内職をしていましたが一日必死に頑張っても1か月1万円くらいでした。ほぼそれ以下の月が多かったです。

 

内職の種類にもよりますが、小さな子供がいる家庭でする仕事は限られますし大変です。
外で働くようになって、内職の大変さがわかりました。1時間で得られる収入の違いに驚きます。
それでも景気の変動で家族の収入が減れば、もう一つ仕事を増やそうか悩みます。
正社員は難しいですが、パートでも社員の仕事に近い業務をこなしている人には時給を上げるなど考慮してほしいです。
正社員登用の動きも出ていますが、残業が難しい人はお断りするでしょうし、しなくても良い環境でもしている人へ引け目を感じると思います。

 

短時間で副業する方が楽なのかもしれません。長時間働いて税金を取られれば今よりも収入が減るからです。
働き方は人それぞれですが、103万円(130万円)を超えないように働く人は減らない気がします。

 

副業,女性,主婦,在宅

主婦必見!やった分だけ成果になる在宅ワーク
専業主婦の方々、お仕事をしている主婦の方々、また、小さなお子様がいて働きたくても中々働きないけない方々、在宅で出来る仕事があったらなあ・・・と考えたことはありませんか。
今のお給料に満足していますか?
主婦に限らず、自宅で手軽に出来る在宅ワークに興味を持つ人というのは少なくないのではないでしょうか。
在宅ワークというとどのようなものを想像するでしょうか。

 

ポイントサイトにアンケート、モニター、覆面調査やアフィリエイトなど、
すぐに思いつくだけでもかなりの種類の在宅ワークが想像できます。

 

これらの方法、一度はやったことがあるという方も多いのではないかと思います。
今回は、ブログライターという働き方についてお勧めしていきたいと思います。
ブログライターとはどのようなお仕事かご存知でしょうか。
ライターという名前のとおり、伝承を書くお仕事になります。

 

では、どのような文章をかくのか、紹介していきます。
まず、自分のブログを持っている場合、そこに、指定された広告などを張り付けたり、キーワードを入れた、商品を紹介する記事を書ていきます。

 

ブログを持っていないと出来ないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご心配なく。
ブログを持っていなくても、サイト上で、キーワードやテーマに沿った文章を書くだけで報酬をもらえるという方法もありますので、誰でも気軽に始めることが出来ます。○○について300文字以上で書いてください。とか、○○という言葉を入れた自由な記事を500字以上で書いてくださいなど、誰でも書きやすいような案件もたくさんあります。

 

文字数によって報酬は変わってきますが、300文字60円前後、500文字100円前後の金額が多いです。
一日100円分の作業をするだけで月に3000円の報酬がもらえるということになります。

 

一日300円分の文章を書いたらどうでしょう。
月に10000円近くの報酬がもらえるということになりますよね。

 

これが400円、500円となっていくと・・・と考えると努力次第で収入を増やすことが出来るということが分かります。
また、文章を書くのが苦手な人でも、自由に何でも書いてくださいという内容などもありますので、自分の日記を書くようなつもりで取り組んでみると、しっかりと承認され、報酬をいただくことが出来ますよ。

 

また、たまった報酬は自分の指定した銀行に振り込んでもらえるので、その点でもとても便利なのではないでしょうか。
これまでの副業サイトとはちがい、やった分だけ成果が出るブログライター、ぜひやってみてはいかがですか。

 

副業,女性,主婦,在宅

私が副業をする理由
私は25歳の会社員(女性)です。
メーカーで広報の仕事をしています。

 

その傍ら副業もいくつかしています。

 

副業をしている理由は3つあります
1. 収入先を分散することによって金銭的な不安から逃れる為
2. 副業がおもしろい
3. 本業以外の人脈ができる
以上3点が理由です。

 

まず1についてです。正直今の給料でも不安はありません。

 

ある程度大きな会社なので今すぐに倒産するといった心配もありません。
ですが万が一の事を考えたときに一つの収入先だけにたよるのはリスクが大きいと思うのです。
1つの収入先が大きい金額でなくても他の収入先が複数あれば生活には困らないとおもったからです。
私は飽き性なので転職するかもしれません。転職期間中に貯金を切り崩したり不憫な思いはしたくないのです。

 

次に2についてですが、副業を始めると本業とは違った経験ができます。
私の副業でおもしろかった経験は「せどり販売」です。在宅でもできます。
私の場合は新品の本を定価で購入し、その本の価値が上がってから転売するという方法です。
自分でセレクトして転売する行為自体もおもしろいのです。
日本ではさほど人気がなくてもそれが海外の方に人気で、わざわざ海外から購入して頂くことがあります。

 

本業ではあまり海外と関わる事がないのですが、アメリカに本を送る経験ができるのです。
郵便局に行って英語で住所を書いているときにこれはいい経験してるなーと実感できました。
だから何?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、知っているだけと経験済には大きな差があります。
そういった経験を積むことが自信の生活の豊かさにつながると思って楽しんでいます。

 

最後の3についてです。
本業のみだと、ごく狭い限られた人脈しかありません。
それが悪いとは言いませんが、私は上記にも述べたように飽き性なので同じ組織の中だけに自分を置くのは窮屈でなりません。
もし、本業で悩んだり嫌な事があっても、副業に置き換えて物事を考える事ができます。
そして、本業でしていることを副業で生かすこともできますし、その逆も大いにあり得ます。
簡単に言えば「視野が広がる」ということです。

 

私が経験したことのある副業の一つに「恋愛コンサルタント」があります。
個人の男性に向けてさせていただくのですが、ここでも本業とは違った出会いがあります。
「女性からみればあまり気にしないことなのに、男性からみればこんなに大きな悩みである」
そういった男女の本質的な違いも発見できて面白いです。
お客様もそうですし、同業者との出会いもとても刺激になります。
普段出会えない人と出会える。こんなに楽しい副業は止めることができません。

 

 

副業,女性,主婦,在宅

 

副業,女性,主婦,在宅

女性にオススメのバレにくい副業
会社などに副業をバレたくないと思っている女性の方は、多いと思います。
やはりバレずに働く為には、外に出らずに部屋で仕事をする事が必要になってきます。
そんな部屋で出来る仕事でオススメなのがパソコンを使った副業です。

 

最近は、データ入力や文章入力などパソコンを使った仕事が増えてきていますが
圧倒的に早く稼げる仕事としては、「チャットレディ」とよばれるインターネット上で男性の方と
会話などのやりとりをする仕事だと思います。

 

実際に会ったりする訳では、ないので危険性などないですし、話したりする事が好きな方であれば
楽しみながら仕事に励む事ができると思います。
時給としては、1000円〜2000円くらいが相場です。

 

中には、5000円〜などの募集もありますが、あまりに高額な物は、怪しいですので避けた方が良いと思います。

 

副業,女性,主婦,在宅

在宅ワークいろいろ
今は仕事が忙しく、副業のお仕事は少しにしていますが、主婦だった頃は少しでも
収入が欲しくて頑張ってやっていました。子供が小さい頃は外に出にくかったので
在宅でのお仕事を探してコツコツ貯めていました。

 

主にやっていたのは入力のお仕事で、文字データの含まれている画像を見ながら
それを打ち込んで行くものでした。単価は安いですが、誰でも出来る簡単なお仕事
なので仕方ないですね。でも打ち込む速度を上げたり、作業する時間を多く取れば
チリも積もればなんとやらで、ある程度にはなりました。

 

一時期は高収入に惹かれてチャットレディもやりました。webカメラを使って男性
とおしゃべりするだけで結構高額。中には脱いだりする女性もいるようですが、
私はそれは嫌だったのでお話だけにしていました。その場合は常連さんを得るのは
難しいですけどね。
待機時間に他の女性とお話したら、その子はかなり稼いで
いるようでした。やっぱりグラマーな人には敵わなかったです(笑)

 

副業,女性,主婦,在宅

Illustratorを使って間取り図作成
私は本業でデザイン関係の仕事をしているのですが、以前在宅で間取り図作成の仕事もしていました。
自宅にIllustratorのソフトもあり、単純作業のためやりやすそう、と思い始めてみたのです。

 

仕事内容はと言うと不動産で使用するマンションや戸建の間取りを作成する仕事で、仲介業者を通して仕事を請けていました。
その為色々な不動産に合わせてサイズや色や文字等も変更する為、思っていた以上に細かい作業が多く気の抜けない仕事でした。

 

一件大体150〜250円ほどで、時給換算すると600〜800円ほどで、思ったよりも稼ぐ事はできませんでした。
また、引越しシーズンは忙しいのですがそれ以外は仕事が0なんて月もありました。
納期も翌日と言う事が多く、主婦の方の副業としては丁度良いかもしれませんが、本業がある場合はちょっと時間の融通が大変な副業かもしれません。

 

副業,女性,主婦,在宅

週末だけのキャバクラ勤務

 

私は一時期、短期間だけキャバクラで働いていた事があります。
本業はありましたが、どうしてもまとまった金額が必要で週末勤務と言う形で働いていました。
平日は本業を、そのまま金・土は深夜までキャバクラ勤務と言う日々が3〜4ヶ月ほど続き、体はヘトヘトでした。
田舎のキャバクラだったので時給2500円ほどでしたが、指名やドリンクバック等もあるので週末出るだけで月に10万近くは稼げました。

 

しかし今思うとよくあんなに続いたな、と思います。
運が良い事にお店のスタッフの人達も感じが良く、よく聞く『女の子同士の派閥争い』のようなものも無くそこまで気負わずに働く事ができました。

 

とは言えやはりメールなどの色恋営業もあるので精神的にはキツイ部分もありました。
必要分のお金は無事稼げたので、良かったなと思います。

 

副業,女性,主婦,在宅

田舎の副業
普通、女性の副業というと、かっこいいイメージがありますが、私の住んでいる町の女性の多くが一度はやったことがある副業があります。

 

それは、特産物の大葉の結束、箱詰めというものです。
大葉10枚を輪ゴムで縛って、パックに詰めるという、とても根気がいります。根気がいるわりに単価が安いのが難点です。
若い主婦は、子供を保育園に入れる条件を得るためにやります。動機が動機なので、子供が保育園に入れれば、外での仕事を探し始めます。

 

中高年以上の人は、年金の足しにしようと頑張ります。そのため、長く続けます。
頑張っても、1万円〜2万円位にしかなりませんが、60代、70代の年齢になってもお金をもらえる仕事が出来ることはとても幸せなことです。

 

最近、私は、パートで戻ってきてから、在宅での大葉の仕事をもらうようになりました。フルタイムで働いた方が効率は良いですが、家族の都合で難しいです。

 

段々、慣れてきたら仕事も早くなってきて、1日2時間弱の作業で1万円強ですが、子供の小遣い位にはなります。
この大葉の箱詰めの仕事、皮膚さえ丈夫ならば、いつまでも出来るので今後も頑張ろうと思います。

 


BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

ホーム RSS購読 サイトマップ